ラキソベロンってなに?妊婦さんにも大丈夫?

皆さんはラキソベロンというものを知っていますか?
あまり聞き慣れない名前ですし、物なのか食べ物?飲み物?という方も
中にはいらっしゃるんじゃないでしょうか。
今回は、ラキソベロンについて、ラキソベロンが妊婦さんにも大丈夫かって?という
疑問についてもまとめていきます^^

 

●ラキソベロンってなんのこと?

 

そもそも、ラキソベロンとはマグミット錠というようなものと同じで
便秘を改善し、大腸を刺激して自然なお通じを促す効能があり、
副作用が少ない為、高齢の方や妊婦さんにも服用できる下剤です。
他にも、消化器関連の検査、手術前の内容物除去にも使用されています。
マグミット錠というお薬も同じようなお薬なのですが
マグミット錠もラキソベロンも十分な水分を摂取して服用することで
効果を発揮するお薬となっています。
頑固な便秘だった方も、するんと出るようになった!という話も聞いています。
自然なお通じを促すということはよくある市販の下剤のような痛みはなく
お腹の赤ちゃんへの影響も少ない良いお薬とも言えますね。
ですが、ごくまれに腹痛や吐き気、嘔吐などを伴ったりひどい場合だと
腹鳴、腸閉塞、発疹、めまい、一過性の意識消失などが伴う場合があります。
その場合は使用を中止して医師に相談してください。

 

■ラキソベロンは妊婦が使用してもOK?

 

便秘はとっても辛いこと。妊婦さんだと余計に悩みの種。
うんちが赤ちゃんに悪影響を及ぼさないか・・・
自分の体にも良くないし・・だけどいきむのは赤ちゃんに良くない。
何か妊婦でも服用できるお薬ないかな・・・。
そんなあなたにラキソベロンですよ^^
ラキソベロンは刺激や副作用が少なく赤ちゃんへの影響も少ないので使用OK
ラキソベロンには錠剤と液体があるのですが、
液体のラキソベロン液は飲み物に入れて飲めますし
入れる量は自分で調節できるのでお通じの回数や状態によっても変えられてGOOD

 

■ラキソベロンは市販でも売っているの?

 

残念ながらラキソベロンは市販では販売されていません。
医師の処方の下、病院でもらえるお薬のようです。
妊婦さんは定期健診の際に、医師に相談してみるといいですね。

 

 

☆ラキソベロンと妊婦さんのまとめ☆

 

ラキソベロンは妊婦さんの便秘薬ではマグラックス並びとても知られているお薬です。
妊婦さんはストレスは禁物。
検診や病院でなかなか便秘と言うのが恥ずかしい・・という気持ち。わかります。
ですが、赤ちゃんの為にも自分の為にも便秘は無理してはいけません。

 

無理していきめば子宮の管、頸管長というものが短くなってしまい、
それを続けると赤ちゃんが早く降りてきてしまい、
最悪、早産になってしまう場合もあります。
どうしても恥ずかしいという人は、紙に書いて医師に渡すとか
信頼している看護師さんに話をしてみてもいいですね^^